カラーセラピー

~10色の美しいカラーボトルが語ってくれる、あなたの深層心理~


カラーセラピーとは

カラーセラピー(色彩療法)とは、人の心と体に働きかける色彩の効果を用いて、安らぎを与えたり心と体のバランスを整えるものです。

占いや未来予言ではなく、色からのメッセージをヒントにご自身の内の思いを話しながら自分自身と向き合う事で、ご自身でも気付いていない心の内(潜在意識)にある本当の気持ちや「自分はどうしたいのか」などが少しずつ見えてきて纏まってゆきます。「自己認識」「自己成長」を促すサポートとなるものです。

好きな色ではなく、その時に気になる色を選んで頂くことにより、選んだ色に意味があり、色にはそれぞれに異なった波長(エネルギー)を持っているため、赤色には赤の性質、青色には青の性質があり、その時にその色に惹かれた心理状態と引き合います。

選んだ色により自分を見つめ、気付きを得ることにより、新しい自分を発見したり、こうなりたい自分への一歩を踏み出してみませんか。


センセーションカラーセラピー

センセーション・カラーヒーリングシステムは1995年カナダ・バンクーバーでカラーセラピスト「ステファニー・ファレル」氏によって設立されました。

美しい10色のアロマオイルを使い、10本の中から気になる色のボトルを6本選んで頂きます。

2本一組の配色で合計3組の配色により、色の意味を読み解いてゆくことにより、クライアントの本質や現在の心理状態などがみえてきます。


      1st  ペア :あなたの基本的性格・本質

  2nd ペア :現在のあなたの状態・状況

  3rd  ペア :未来への展望・可能性                                     


選びだされた色のメッセージより、ご自身と向き合った結果、今のご自身に必要な色や、心を静めてくれる色を見つけていくことができます。

色のアロマオイルを使用することにより、色と香りの相乗効果で、カラー・アロマヒーリングを行います。